岩国店

9f96d6fd329d91520df629710cc28a91_s

紫外線について

  夏も終わりに近づき、過ごしやすい季節になりましたね。夏は日差しが強く、紫外線を気にされた方も多いと思います。ですが、日差しが弱くなったからと言って、紫外線の影響がなくなるわけではありません。日焼けはしなくなるものの、身体や肌を守る為には、これからの季節もケアが必要なのです。そこで、今回は紫外線について調べてみました!健康な身体や肌を保つため、紫外線について詳しく知り、しっかりケアをしていきましょう\(^o^)/

ca5f86877b342fc2f8f8479e6252294b_s

 

《紫外線とは?肌に届く紫外線》

  太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。その中でも、地表に届き、肌に影響を与えてしまうのが紫外線の「UVA」と「UVB」です。

   UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の奥まで侵入し、肌のハリや弾力を失わせてしまいます。また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

  UVBは、太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなり、数日後に黒くなってしまいます。そして炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いのです。

   紫外線の刺激により、メラニン色素が生成され、表皮の細胞に受け渡されてまわりの皮膚へと広がり、紫外線を吸収して肌を守ります。しかし、強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成され、しみやソバカスの原因となります。

 

《変動する紫外線》

季節によって…

  紫外線は夏に強く、冬には弱まります。ですが、UVBは夏に比べ冬はおよそ5分の1にまで減るのに対し、UVAは2分の1程度と変動量が少ないため、冬でも十分な紫外線ケアが必要なのです。

 

時間によって…

  一日の中で、紫外線が強いのは午前10時から午後2時頃です。特にこの時間帯は肌を紫外線から守るようにしましょう。ただし、日差しの弱まる朝方や夕方でも、UVAの量に大きな変化はありませんので、朝夕であっても紫外線ケアを心がけましょう。

 

天気によって…

  紫外線は雲によりある程度遮断されるため、曇りや雨の日には減少します。しかし、UVAは雲による影響が小さいため注意が必要です。また、UVBでも薄い雲ではその80%以上が透過してしまいます。

 

《季節によって変わる肌の色》 

  しみやソバカスの原因となるメラニンには、肌を紫外線から守る役割があります。日やけによって肌色が濃くなっている時期より、日やけをしていない時期の方が紫外線の影響を受けやすく、また、肌が白い人はメラニンが少ないため、紫外線に弱いともいえます。

  季節による影響が肌にあらわれるまでには時間がかかるため、比較的紫外線の少ない秋~冬を経た春先の肌が、一年のうちでもっとも明るくなります。春は、紫外線量が増えてくる時期でもあり、紫外線の影響を受けやすい肌でもあるため、十分なケアが大切です。

9f96d6fd329d91520df629710cc28a91_s

《秋の紫外線対策》

それでは、これから来る秋に向けての紫外線対策はどうしたらいいのでしょうか。

  夏の紫外線の影響を受け、秋の肌は疲れ気味です。湿度が低下し始める時期でもあり、乾燥した肌は角層の新陳代謝がスムーズに進まないので、メラニンを含む角層が溜まりがちです。乾燥を防ぐためにしっかりと保湿すること、また、古くなった角質を取り除いて角質のうるおいバランスを整えることが大切です。まだ紫外線が強い日も多く、行楽シーズンでもあるため、特に長時間の外出時にはしっかりと紫外線ケアを行っていきましょう。

 

《紫外線から肌を守る》

  紫外線から肌を守るには日やけ止めが有効です。日やけ止めは、使用量を守って、塗り忘れのないように使いましょう。ムラなく十分な量を塗るためには重ね塗りがおすすめです。特に、おでこや鼻筋、頬など、顔の中で高さのある部分はやけやすいので、重ねて丁寧に塗りましょう。また、日やけ止めは2~3時間ごとに塗り直すようにしましょう。

  それでは最後に日焼け止めのタイプ別の塗り方を紹介します。

〈ジェル・クリーム・ミルク〉

 顔に使う場合

適量(パール粒一個くらい)をとり顔全体にムラなくなじませます。より日差しの強い時は、同じ量をかさねづけすることをおすすめします。

 身体に使う場合

容器をよく振ってから、直接肌の上に線上に充分な量をとりましょう。手のひらで大きく円を描くようにムラなくなじませます。(少し多いと感じるくらいの量のご使用をおすすめします)

 

〈シェイキング〉

顔に使う場合

容器をよく振ってから、適量(一円玉大くらい)をとり、顔全体にムラなくなじませます。より日差しの強い時は、同じ量をかさねづけすることをおすすめします。

身体に使う場合

ジェル等と同様に塗りましょう。

 

〈スプレー〉

顔に使う場合

容器をよく振ってから、一度手のひらに少量ずつ出し、顔全体にムラなくなじませます。十分な紫外線防御効果を得るために、同じ量をかさねづけすることをおすすめします。

身体に使う場合

容器をよく振ってから、直接肌にスプレーし、手のひらで大きく円を描くようにムラなくなじませます。(少し多いと感じるくらいの量のご使用をおすすめします)

 

2312f4b43475181f1885a39255b9052a_t

 

 みなさん、紫外線について正しい知識を持ち、対策は出来ていましたか?

 夏が過ぎ、日差しが弱くなったからと安心せず、健康的な身体と肌のため、秋も十分な紫外線ケアを心がけていきましょう(*^_^*)♪

Writer

SSS 岩国店 スタッフ

岩国店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設