宇部店

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

冬の水分補給

夏のように大量の汗をかかない冬は、水分補給を忘れがち!でも、気を付けてください!実は、1日あたりの人体の水分の出入りは、季節が変わってもあまり変化はなく、喉の渇き、肌の乾燥だけでなく、体内も乾燥しがちなのです。

外からいくら保湿をしても、内側がカラカラでは潤いのある美しさは手に入れられません。人が生きていくためにも重要な水分。冬場の水分補給について見直してみてはいかがでしょうか。

体の水分を20%失うだけで命を落としてしまうほど、お水は人が生きるために必要不可欠です。うっかり飲むのを忘れてしまい、美容面・健康面で不調が現れないように気をつけましょう!

人は普通に生活しているだけでも、1日に約2.5リットルの水分を失います。

  • 尿や便で1.6リットル
  • 汗や呼吸、皮膚からの蒸散で0.9リットル

それに対して、得られる水分は

  • 食事に含まれる水分が1.0リットル
  • 体内でつくられる水分が0.3リットル
  • 飲み物による水分が1.2リットル

と言われています。

1日に1.2リットルの飲み物が必要なわけですが、少食の人、ダイエットで食事制限をしている人は、食事から摂れるはずの水分が足りていない可能性もあります

ダイエット中の人、少食の人は、

  • 食事に汁物を追加する
  • 水分を多く含む野菜や果物などを摂取する
  • 飲み物の量を増やす

などを、心がけた方がよいでしょう。

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s

☆美容・健康面への影響

十分な水分補給ができていないと、血流が悪くなります。

新しい水分が体内に入ってこなければ、古くて汚れた水が体の中をぐるぐる。血巡りは悪くなり血液はドロドロ。リンパ液の流れも滞ってしまいます。

体液の流れが悪くなると、さまざまな体の不調があらわれます。

  • 肌荒れ
  • 冷え
  • むくみ
  • 肩凝り

老廃物は溜まり、新陳代謝も低下。シミ、シワ、クマなどの原因にもなります。

外気が冷える冬は体を冷やさないように常温もしくは暖かい物もオススメです。

 

 

Writer

SSS 宇部店 スタッフ

宇部店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設