吉敷店

お雑煮1

お雑煮のおはなし

クリスマスから年末、新年とあっという間に年を越してしまいましたね

皆さんのお正月はどうでしたか?

私は実家に帰り、家族と久しぶりにゆっくり過ごせました(^v^)

美味しい物をたくさん食べて、体重計に乗るのが怖いです(笑)

 

さて、お正月と言えば…?

お年玉!初詣!おせち!

いえいえ、今回はお正月に必ず1度は食べるであろう「お雑煮」について

お話しさせていただきます(^o^)/

お雑煮2

 

我が家は、一家の大黒柱である父や祖父がお雑煮を作ります!

普段料理を一切しない祖父ですが、この時だけは手料理を振舞ってくれます

1年に1度の恒例行事です

 

お餅は丸餅、焼かずにそのまま具材と一緒に煮て作ります

昆布とかつお出汁、お醤油で味付けをします

さっぱりしていて野菜との相性抜群です(^^♪

 

皆さんのお家のお雑煮はどうですか?

餅の形や出汁、煮方、焼き方と地域によって違うのではないでしょうか

山口県は、山口市や下関市、宇部市、周南市など、人口が分散し食文化が様々

県民共通のレシピが生まれにくい土地柄なんだそうです

たまには違う地域のお雑煮を食べてみるのもいいかもしれないですね♪

 

県内でも様々なレシピがあるかと思いますが、他県と比べてみては

どうでしょう?

 

北は北海道から南は沖縄まで少し比べてみましょう

○北海道

角餅に鮭やじゃがいも、いくらなど名産品がぎゅっと詰まったお雑煮です

 

○東京都

鶏ガラと昆布で出汁をとります

具材は角餅、小松菜、大根、かまぼことシンプルです

角餅

関東は、角餅を焼いてからお雑煮にいれる作り方が多い様です

 

○大阪

昆布とカツオから出汁をとり、白みそを加えます

お餅は丸餅です

 

○鹿児島

エビで出汁をとります

具材は丸餅と焼いたエビ、さつまあげを入れます

丸餅

関西は、関東と違ってお餅の形は丸!また、日本海側はお餅を具材と一緒に煮る作り方が多いですが、太平洋側は焼いたお餅を入れる作り方が多い様です

 

さて、最後は…沖縄!

なんと沖縄はお餅を入れません!!!

豚の小腸や大腸を煮たスープを食べるそうです\(◎o◎)/!

 

 

地域によってこんなにも作り方や具材が違うものですね

皆さんはどこのお雑煮が食べたいですか?

 

1年の健康を願って美味しく頂きましょう

 

お正月の食べすぎ飲みすぎ解消はぜひSSSで~(^^♪

お待ちしてまーす!!!

Writer

SSS 吉敷店 スタッフ

吉敷店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設