宇部店

5c14926204f1f53a159fcfd3063ba075_s

お花見

こんにちは

アドバンストレーナーの松原です。

 

気がつけば2月が終わり、早くも3月。

今年もあっという間に、月日が経っていきますね。

 

だんだん暖かくなり、そろそろお花見の季節になりますね。

そこで今回はお花見の由来や、意味などをまとめてみました。

 

◆お花見の歴史◆

花見と聞いて、多くの方が『桜』を思い浮かべるのではないでしょうか。

お花見と言えば桜が定着したのは、実は平安時代からなのです。

短歌でも梅の花を詠んだ物が多く、それまでは

どちらかと言えば梅の花を見ることが多かったようです。

0be88c45457f2a762a65b6659f59468f_s

平安時代に当時の天皇が催した、花宴の節というお祭りが、

桜でお花見をするという起源だとされています。桜を愛でながら、

短歌を詠む事が大変楽しまれていたようです。

 

優雅に過ごす事が大切であった平安貴族は、

庶民のように、ひたすら騒ぐという事が簡単に出来なかった為、

このお花見を『をかし』なイベントとして、盛んに行っていたようです。

ee43897dfe9b65d2eb10680bc241200c_s

◆季節の花◆

お花見には他にも大きな意味があった事をご存知ですか。

だんだん暖かくなる時期に花を咲かせるので、

田植えを始める時期の目安としても重宝されていました。

さらに梅は別名『春つげ草』ともいい、

春の訪れを告げる花とも言われていたようです。

 

ほとんどの庶民が、自給自足だったこの時代に、

田植えが出来ない事は食糧難に直結します。

 

正確な時間や気温を知る術がない時代であれば、

梅や桜は田植えのタイミングを計るのに、

とても重要な花だったと想像がつきますね。

c63d20a3a8f6927dfa24589354dcf811_s

現代でも季節の行事として楽しまれているお花見には

いろんな意味が込められていたようです。

 

Writer

SSS 宇部店 スタッフ

宇部店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設