岩国店

e156ee1ee725f533723a4bf2a90c22de_s

知らないと損をする!本当はすごい乳酸菌の効果

こんにちは!

今日は最近気になっている、乳酸菌について調べてみました!

e156ee1ee725f533723a4bf2a90c22de_s

乳酸菌は「腸を整える善玉菌」というイメージを多くの人が持っていると思います。実はこの「腸の調子を整える」ことで腸だけでなく、全身の病気や調子を改善できることが分かっています。

最も知られている効果といえば、便秘改善や促進効果ではないでしょうか。

大腸内の腸内細菌叢(腸内フローラ)で善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)が優勢になると、これらの善玉菌が作り出す有機酸(乳酸や酢酸)によって腸内は弱酸性に保たれます。

この酸が大腸の内壁を刺激して腸のぜん動運動が活発になり、スムーズな排便につながるという仕組みなのです。

一方で便秘の腸内では悪玉菌の勢力が優勢になっています。 悪玉菌(ウォルシュ菌など)は日和見菌も味方につけ腸内の残留物(食べ物のカスなど)を腐敗させ、腸内をアルカリ性に変えてしまいます。

アルカリ性にかたよった大腸はぜん動運動が弱まり、便を肛門まで送り出す力がどんどん弱まってしまいます。 そして長時間腸内にとどまった便はどんどん腐敗がすすむため、腸内はますますアルカリ性に偏っていきます。

こうなると善玉菌の勢力は衰えるばかり。 腸内環境はさらに悪化して便通がとどこおってしまうのです。

これを改善するにはどうすればよいのでしょうか? そのためには腸内で劣勢になっている善玉菌を助け、悪玉菌よりも強い勢力に育ててあげる必要があります。

ヨーグルトなどの発酵食品や乳酸菌、ビフィズス菌が配合された健康補助食品を摂取することで腸内の善玉菌を増やしてあげましょう。

善玉菌が生きたまま腸まで届くか?を気にする人もいますが、胃酸で消化・分解され死滅した乳酸菌の死骸(菌体成分)にも、大腸内で善玉菌を助ける働きがあることが研究で分かっています。

またオリゴ糖や食物繊維は善玉菌のエサになり増殖を助けてくれますので、これらの栄養素が多く含まれる食品も積極的に摂ると良いでしょう。

私たちが意識的に腸内の善玉菌を増やすことで腸内は徐々に酸性に戻っていきます。 すると腸のぜん動運動もふたたび活発になり、お通じも良くなる~というわけです。

多くの善玉菌に便通の促進・改善効果があることが分かっています。

daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s

他にも免疫力向上や、アトピー性皮膚炎の改善、花粉症予防や高血圧予防にも効果があると言われています。普段あまり乳酸菌を摂取していないな~と思う方は、少しずつ摂取してみてはいかがですか?

 

SSS 岩国店 スタッフ

Writer

SSS 岩国店 スタッフ

岩国店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設