岩国店

ea16641fcb692f4c50c4cf5a6a14f5be_s

冬バテについて

 

こんにちは!

11月も中旬にさしかかり、寒さが厳しくなってきましたね。体調管理はできていますか?寒いから家から出られない・・・。体を動かす機会が減ってしまうと、実は「冬バテ」を引き起こす可能性があるかもしれません!

 

ea16641fcb692f4c50c4cf5a6a14f5be_s

 

季節の移り変わりに合わせて、私たちの体も変化しています。秋は、夏に消耗したエネルギーを補給する時季、して冬は、春の活動に向けてエネルギーをじっくりと蓄える季節、命力の浪費を防ぐように、穏やかに過ごすことが大切です。  冬場、特に年末年始は楽しいイベントも多く、忙しくてもつい無理をしがちです。また飲食の機会も多く、内臓にかかる負担もいつも以上ですね。こうした暮らしぶりが、活動モードの交感神経ばかりを働かせ、休憩モードの副交感神経を働かせる機会を失わせています。  体のコンディションを整えておきたい時なのに、体は緊張状態が続くために休まらない!その矛盾が、冬バテを招く最も大きな要因です。

また、冬は寒さで体を動かすことが面倒くさくなりがちですが、やはり体力を維持するためには、適度に体を動かすことも必要です。  筋肉は動かさないとどんどん衰えていき、体が冷えやすくなります。すると体は、熱を逃がさないように交感神経を緊張させて、全身の血管を収縮させます。寒さから身を守るために、いつも交感神経ばかり働いて、心身をリラックスさせる副交感神経が働きにくい状態になりやすいのです。  さらに、冬は暗くなるのが早く、気持ちも沈んでしまいがちです。太陽の光を浴びている時間が少なければ、自律神経と関わる体内時計のリズムに影響することも・・・。

こういったことが、冬バテを引き起こす原因につながります。まとめてみると、

  • 日が短い
  • 筋肉が衰える
  • 寒さが続く
  • 気ぜわしい

といったところでしょう。

 

冬バテを引き起こしてしまうと、春を迎えるにあたって、体へのダメージが大きくなってしまいます。冬の生活習慣からしっかりと見直していきましょう!

  • 体を温める(湯船につかるなど★)
  • 呼吸と姿勢を意識する
  • 急に体を冷やさない
  • 室内でも、できる運動をする
  • 食事は規則正しく、バランス良く!

 

a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s

 

 

以上のことを気をつけて、冬の寒さを乗り切りましょう♪

SSS 岩国店 スタッフ

Writer

SSS 岩国店 スタッフ

岩国店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設