宇部店

1933844d2a87b209116a05b44bf81443_s

目的別 ベストな食事のタイミング

こんにちは

アドバンストレーナーの松原です。

 

せっかく運動するなら、しっかり効果が出た方が嬉しいですよね。

運動するタイミングは食事前が良いのか、食後が良いのか、

疑問に思っている方もおられるのではないでしょうか。

そこで両方のメリット、デメリットを考えてみましょう。

 

◆食前に運動した場合のメリット

・体内の、糖分の血中濃度が低いので、脂肪がエネルギーとして使われやすい

・運動後に食事をする事で、摂取した栄養が筋肉に運搬されやすい

 

 糖分の血中濃度が高いときだと、そのまま糖分がエネルギー源として使われます。

 しかし、糖分が枯渇している空腹時の運動エネルギーは、貯蔵庫である脂肪から

 引っ張ってくる必要があります。(脂肪燃焼を目的とするなら効率的)

 さらに運動後に食事を摂る事で、貯蔵庫へ向かうはずの栄養も

 疲れている筋肉のほうへ送らなければいけなくなります。このことから摂取した 

 栄養が余らずに脂肪になりにくい食事をする事が出来ます。

96beeb087812503a2fdb75502e1ce58a_s

◆食前に運動した場合のデメリット◆

・貧血やめまいなどを引き起こすリスクがある

・集中力が普段より低く、運動自体の効果が落ちやすい

・糖分の血中濃度が低い場合、筋肉からもエネルギーを補給しようとし、

 筋肉分解(カタボリック)が起こる

 

空腹状態での運動は、運動そのももも効果や危険性に影響を及ぼす可能性も

あります。筋肉からもエネルギーを得ようとするカタボリックは、ボディビルダー

でもない一般人はそこまで気にする事ではありません。筋肉にはマッスルメモリー

というものがあり、一度付いた筋肉を元の量に戻すことは比較的安易なのです。

 

◆食後に運動するメリット◆

・糖分の血中濃度が充分にあるので、運動自体の質が高くなる

(より重いものを、より長い距離を、より早く運動出来る)

・貧血やめまいなどを引き起こすリスクが低い

・血中糖分からのエネルギー → 脂肪からのエネルギー → 筋肉からの

 エネルギーという順番でエネルギーを使うので、筋肉が分解されにくい。

 

運動効果を高めるうえで糖分の血中濃度は重要です。マラソン選手が試合前に

炭水化物を摂取するように、お腹が空いている状態では運動の

パフォーマンスに差が出てしまいます。体内のエネルギーを使用する順番は上記の

通りなので、カタボリックを引き起こすことはほとんどありません。

83de9582cf8e9563eb6e0aab8b12537a_s

◆食後に運動するデメリット

・食後すぐに運動すると、消化不良を起こす可能性がある

・運動の消費カロリーが脂肪まで届かずに終わってしまう

 

食後すぐの運動は控えるべきです。おにぎり1個や、バナナ1本程度であれば、

ほとんど影響はありませんが、通常の食後であればしっかり時間を空けて

運動する事をオススメします。

 

◆食事のタイミングは目的次第◆

食前・食後、両方のメリットとデメリットがあります。自分の目的に合わせて、

食事のタイミングを決めていきましょう。

ef829ee39e510997cc8ff892ea43fbe8_s

脂肪燃焼が目的の場合、食前の運動をオススメします。

脂肪から直接エネルギーを補給する食前が、もっとも効果的なタイミングです。

9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s

筋肉を付ける事が目的の場合、食後の運動をオススメします。

筋肉を付ける為には運動パフォーマンスの質が第一です。限界の重量、限界の回数を

増やしていくことでしか、筋肉は増えていきません。体内の栄養が満ちている

状態のときこそ、一番の筋トレタイミングなのです。

 

いかがでしょうか?

自分の目的や目標に合わせて、

食事のタイミングを合わせて行けると良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆食後に運動した場合◆

Writer

SSS 宇部店 スタッフ

宇部店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設