宇部店

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s

体の不調を解消!

こんにちは、コンシェルジュの飛田です。

前回の記事で、自律神経についてご案内しました。

前回の記事はこちらから

 

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s

自律神経を整えることは、体の不調を解消するために最も大切なこと。副交感神経が十分に働いてないことが原因であると考えられています。

そこで今回は毎日の生活の中で副交感神経の働きをアップさせるコツをご紹介!

夕食後から寝るまでの時間は質の良い睡眠に入るための準備をする大切な時間です。就寝前の入浴は副交感神経の働きをアップさせ、自律神経のバランスを整えるには欠かせないものになります。

73973ba605092026edd21eaca68bf9f5_s

☆湯船につかる 38~40度くらい

ぬるめのお湯にゆっくりつかると、副交感神経が優位になって心身ともにオフモードに。体の表面が温まると、体の内側にこもっている熱が出て深部体温が下がり、眠りにつきやすくなります。

お湯の温度は約38~40度が目安。10分以上しっかりつかりましょう。ぬるめの温度が寒いと感じるときは、スタート時の温度を42度くらいとやや高めにして体を温め、あとは温度が下がるのにまかせてOK!

 

☆足湯もオススメ

足や手だけを湯につける、足浴や手浴にも熟睡効果があります。お湯を洗面器に入れ、足浴の場合はくるぶしまで、手浴の場合は手首までつけて温めましょう。湯温は40度前後を目安に自分が気持ちいいと感じる程度。つける時間も自由!『温まった』と感じればOKです。

驚くほどすんなりと眠りにつけます!ぜひトライしましょう!!

SSS 宇部店 スタッフ

Writer

SSS 宇部店 スタッフ

宇部店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設