岩国店

hiyakedome

SPF・PAって何?

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

夏休みに入り、レジャーに出掛けられる方も

いらっしゃると思います。

日焼けをしないように日焼け止めを使いますよね。

皆さんはどのように日焼け止めを選んでいますか?

SPFやPA、良く聞きますが

違いは何なのでしょうか?

 

 

まずは紫外線についてです。

 

紫外線にはUVA・UVB・UVCの3種類あります。

このうち、UVAとUVBはオゾン層を通過して

地表に到達し、日焼けの原因となります。

 

・UVA

波長が長く、肌の奥深くまで到達する 

 肌が黒くなる日焼け

 シワやたるみの原因を作る

 

・UVB

 波長が短い

 肌が赤くなる日焼け

 シミやそばかすの原因を作る

 

 

これらを防ぐための日焼け止めの強さを

表す指標としてSPF・PAが使われています。

 hiyakedome

・SPF(Sun Protection Factor)

 紫外線(UVB)を浴びた時に出来る赤い斑点を

 何倍防ぐことが出来るかを示す数値です。

 SPFは50を超えたあたりから性能にほとんど

 差が見られなくなるので、最近は50+と

 表記するようになりました。

 

 

・PA(Protection Grade of UVA)

 紫外線(UVA)を浴びた時に出来る皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます。

これは+の数で表され、+~++++の4段階があり、

 +が多いほど効果があります。

 

 

強ければ強いほど良いと思いがちですが、

人によっては肌に合わないことも。

日焼け止めには主成分が2種類、紫外線吸収剤と

紫外線散乱剤があります。

 

紫外線吸収剤は主にUVBを吸収し、白浮きしにくいです。

これは紫外線防止効果が高いのですが、人によっては

肌にかぶれやかゆみ、赤みが生じる場合があります。

 

紫外線散乱剤は紫外線を反射して肌を守るタイプの

日焼け止めです。主成分は酸化チタン、酸化亜鉛で

UVA・UVBのどちらも遮断します。

低刺激で長持ちしますが、白浮きしやすいです。

 hadaare

 

先程も説明した通り、紫外線吸収剤は肌荒れの原因になる場合が

ある為、日焼け止めの中には「ノンケミカル」「吸収剤未使用」と

呼ばれる紫外線散乱剤のみを使用した商品があります。

こうした日焼け止めはSPF30程度ですが、

日常生活での紫外線を防ぐのであればこの程度で十分です。

最近では、紫外線吸収剤を含まない紫外線散乱剤タイプの

日焼け止めにも、SPF50のものがあります。

自分の肌の強さや、どれだけ紫外線を浴びるかによっても

日焼け止めの選び方は変わってきます。

シチュエーションに応じた日焼け止めで、出来るだけ肌に

刺激を与えないようにしましょう。

Writer

SSS 岩国店 スタッフ

岩国店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設