吉敷店

深呼吸

呼吸のおはなし

~呼吸について~

 

私たちは普段、無意識に息をしています

呼吸は生きている間、絶え間なく続けるもの

生きていくなかで切っても切りはなせない呼吸についてです

 

無意識に行う普段の「呼吸」に対して、意識的に行うものが「呼吸法」

「呼吸」が酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出する“生きるためのもの”としたら、

「呼吸法」は“心身を調整する健康法”といえるでしょう

 

呼吸による「心」への作用

 ・心の乱れを整え、感情をコントロールすることにつながる

呼吸による「体」への作用

 ・血液循環の改善

 ・老廃物の浄化

 ・免疫力の向上    などが挙げられ期待できます

深呼吸

 

 

~浅い呼吸はストレスの原因~

 

イライラしているとき、不安なとき、焦っているときなど、いつの間にか呼吸が浅くなっていませんか

悩む

浅い呼吸とは

肩や胸などだけでおこなっている呼吸

肺の一部にしか酸素を届けることができず、血管中の酸素が不足してくため体や心に好ましくない影響がでるそうです

一番ダメージが大きい場所が酸素を最も必要とする脳といわれています

 

呼吸と自律神経は深い関係にあり、深くゆっくりと呼吸をすることで、リラックス時にはたらく副交感神経がスムーズに動き、ホルモンの分泌や免疫のはたらきに期待できます

常に浅い呼吸を続けていると、副交感神経のかわりに緊張したときに動きだす交感神経ばかりはたらくようになります

 

~呼吸法に挑戦してみましょう~

腹式呼吸

 

吐くときにお腹をへこませ、吸うときにゆるめ、横隔膜を普段の呼吸より、大きく上下させ、ゆっくり行いましょう

 

○期待できる効果

 ・副交感神経の動きを活発にさせ、リラックスさせる

 ・イライラする、ストレスなどの改善

 ・内臓のマッサージ効果、冷え症、便秘などの改善

○腹式呼吸法

 ①立った状態でも仰向けで寝転がった状態でもどちらでもOK

 ②ゆっくりと口から息を吐く

  体の中の空気をすべて外に出すイメージで

 ③鼻から息を吸う

  下腹部がゆったりと膨らむことを意識してみましょう

 ④再び口から息を吐く

  吸った時間よりも1.5~2倍かけるつもりで長く、ゆっくりと

  お腹の中央だけがへこむのではなく、お腹が筒状に縮まることを意識するとより良い

お腹の動きがわかりにくい方はお腹の上に両手のせるとやりやすくなりますよ

ヨガサンセット

 

腹筋などの内側の筋肉が鍛えられ、筋力強化にもつながります

呼吸法をマスターし、心身ともに健康づくりを目指しませんか?

飛躍

みなさんも挑戦してみて下さいね~

Writer

SSS 吉敷店 スタッフ

吉敷店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設