吉敷店

150127yoshiki1

2月3日は・・・

節分といえば、恵方巻きを食べたり、豆まきをしたりと日本で古くから行われている伝統行事ですよね。

みなさんは「節分」についてどれだけご存じでしょうか?

150127yoshiki1

そもそも節分とは…、「季節を分ける」という意味合いがあり、

立春、立夏、立秋、立冬の前日を指しています。

春を迎えるということは、新年を迎えるにも等しいぐらい大切な節目だったため、室町時代あたりから節分といえば、立春の日だけを指すようになりました。

 

では、なぜ節分に豆まきをするのか…?

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、新しい年の前に邪気を払って福を呼び込むための行事のひとつ、豆打ちの名残りが豆まきというわけです。

 

節分の過ごし方について、地域によって色々あるようなので少しご紹介したいと思います。

 

< 群馬県の鬼石地域 >

群馬県の鬼石地域では、「福は内、鬼は内」とあえて鬼を招き入れる掛け声をしているそうです。鬼が投げた石でできた町、との由縁があるこの地域では、悪い鬼ばかりでなく良い鬼もいると言われているのだそうです。

 

< 関西地方 >

「福を巻き込む」ということから海苔を巻いた恵方巻きを食べられるようになりました。もともと関西から伝わる風習で、無言で恵方を向いて太巻きを食べると、家に福を招き入れることができると信じられています。

ちなみに今年の恵方は南南東ですよ。

 

< 京都 >

長い歴史を持つ京都では、イワシを食べるしきたりが今でも残っています。また、ヒイラギとイワシを玄関先でも飾る文化もあるそう。ヒイラギは鬼の目に刺さり、イワシは臭くて鬼が来ないようにという願いを込めているそうです。

 

< 北海道、東北、信越地方 >

雪の多い北海道や東北地方では、約60年ほど前から、雪の中にまいても拾いやすい落花生を使うようになったとか。

 

豆まきの豆の境界線はどうやら「東北」にあることが判明。東北寄りも北の地域では大豆ではなく「落花生」が利用されるのだとか。

 

ちなみに、北九州地方は主に大豆を使うようですが、鹿児島県や宮崎県などの落花生の産地があるところは落花生を使って豆まきをするようです。

 

 

みなさんのご家庭ではどのような過ごし方をされていますか?

地域によって様々な風習があることがわかりましたが、自分なりの楽しみ方をみつけ、無病息災・家内安全を願いながら節分を楽しんでみてくださいね。

SSS 吉敷店 スタッフ

Writer

SSS 吉敷店 スタッフ

吉敷店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設