宇部店

161a85b345e510dcd4b5a38333f08635_s

鯉のぼり 由来や理由

こんにちは。

アドバンストレーナーの松原です。

 

日本には、ひな祭りや七五三、季節の節目で

沢山のイベントがありますね。

先日、我が家に長男が誕生したので気になった事ですが…

なぜ鯉のぼりを飾る習慣が出来たでしょうか?

bcb4b3d97303e430fcd708ae92c47d42_s

◆鯉のぼりを飾るようになった理由・由来◆

一家に男児が誕生した際に、神様に「この子を守ってやって下さい」と

守護を願って目印にしたのものが、鯉のぼりです。

 

もともと鯉は、清流だけでなく、池でも沼でも生きられる生命力の強い魚です。

環境の善し悪しにかかわらず、

子供が立派に成長し、立身出世するように願って飾られるようになりました。

 

また、中国の故事の中に、

「鯉が竜門の滝を登ると竜となって点をかける」というものがあります。

これが「登竜門」という、男児の成長と出世を願う言葉の由来になったそうです。

 

日本では江戸時代、武家に男の子が生まれたら、

玄関の前に馬印やのぼりを立てて祝う風習がありました。

それが一般にも広まってのぼりを立てるようになり、鯉のぼりが考案されたそうです。

d5aca0ef539f87e5809511840f57a30f_s

今では沢山の色もあり、一般的には

黒の真鯉がお父さん、赤い紅鯉がお母さん、青や緑は子供たち。それ以外では

緑色や黄色、オレンジ色、紫色など、女の子や二男、三男のお子さんなどの為に

各色が世の中には出回っています。

 

子供の成長を願って作られた、鯉のぼり。

深く考えると、考え深いものですね!!

 

 

 

 

SSS 宇部店 スタッフ

Writer

SSS 宇部店 スタッフ

宇部店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設