吉敷店

CAG3ALPL

枝豆のおはなし

~枝豆のおはなし~

 

夏の食卓に良く登場する枝豆のおはなし。

枝豆とは未成熟な大豆を収穫したものをいいます。

枝付きのまま使われることが多かったことから「枝豆」と呼ばれるようになったと言われています。

日本では古くから穀物用の大豆として栽培されてきていて、17世紀末頃から野菜として用いられているようになってきました。

CAG3ALPL

~枝豆の力~

枝豆は、豆と野菜の両方の栄養的特徴をもった緑黄色野菜。

多くの栄養成分をもつ枝豆。

ビタミンB1、食物繊維、鉄分、タンパク質、カリウムの含有量が多いとされています。

 

ビタミンB1の効果

夏バテなどを防ぐ効能があり、汗などで流される性質の為、夏には多めに摂ることがオススメです。スタミナアップ!!!

また、消化を助ける効能もあるといわれています。

 

カリウムの効果

高血圧や糖尿病を防ぐ効能があり、動脈硬化を防ぐため塩分を撮り過ぎた時などに摂取するべきなのが枝豆のカリウムです。

利尿作用があるようで、むくみを取り除くことができるようです。水分を多く摂り過ぎるこの時期にはピッタリですね。

カリウムの効果は人間が摂取した余分な塩分を排泄する作用があり、現代の日本人は塩分の摂り過ぎとされているため、注目されている栄養素です。

 

メチオニンの効果

この成分はコレステロールを排出して脂肪燃焼をする効能があるといわれています。

また、鬱病やストレスにも有効だと言われています。

さらに、アレルギー成分を引き起こすヒスタミンを抑えることもできるようです。

あまり聞きなれない名前ですが、枝豆のタンパク質に含まれている成分で、体内で作ることが出来ず、食物から摂取する必要がある必須アミノ酸のひとつです。

 

~まだまだあるよ!枝豆の力~

CAW5RL27

タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維・鉄分・・・

さらに、肝臓機能の回復や疲労回復機能の高いオルチニンも豊富に含まれているようです。

オルチニンには、筋肉や骨をつくる働きのほか、肌の調子を整える成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。新陳代謝を活発にします。

女性にも男性にも必須な栄養素ですね。

 

たくさんの栄養素をもった枝豆は、この暑い時期を元気に乗り切る必須の食材ともいえるでしょう

Writer

SSS 吉敷店 スタッフ

吉敷店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設