大内店

77c402c6eb5f9bddc025c79658116b5f_s

腸内環境を整える

腸内フローラとは?

人間の腸内にはたくさんの細菌が存在します。腸内にすんでいる菌すなわち腸内細菌と呼ばれており、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまり腸内に壁面を作って生息しています。この様子はまるで植物が種類ごとに集団を作っている花畑の様子とも例えられ、このことから腸内フローラと呼ばれています。

また腸内フローラは一人一人で全く違うもので、細菌の状態も生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化します。

三種類の腸内細菌
一般に腸内細菌はその働きから大きく3つに分けられます。

①善玉菌
人の身体に有用な働きをする菌

②悪玉菌
腸内の中を腐らせ有毒物質を作る菌

③日和見菌
善玉とも悪玉ともいえない菌で、その時の優勢な方に味方して作用する菌

腸内フローラの理想的な状態
善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割

健康な人の腸内では善玉菌が悪玉菌を抑える形で一定のバランスが保たれています。何らかの原因でこのバランスが崩れてしまうと、腸内腐敗が進み人の健康に有害な物質が増えてしまいます。これらの有害物質が腸管から吸収されてしまうと肝臓、心臓、腎臓などにも負担を与え老化の促進や、癌をはじめとする生活習慣病の原因になることもあるのです。

ではより良い腸内フローラのバランスを保つためにどうすればよいか?
主に影響を与えるのは食べ物・運動・ストレスで、特に大きく影響するのが食べ物といわれています。

腸内フローラの環境を整えるために摂取したい3つの食材

食物繊維…善玉菌の餌となり腸内の善玉菌を増やす働き
      野菜や海藻類など

発酵食品…腸内に元々すむ善玉菌を活性化する働き
      納豆・味噌・漬物・チーズ・ヨーグルトなど

オリゴ糖…胃や小腸で吸収される事なく大腸まで達してビフィズス菌の餌となる
      大豆・バナナ・玉葱など

この3つを摂取する事が大切ですが、これらばかりを摂れば良いというものではありません。腸内細菌は多種多様な種類が数多く存在している事が理想的であり、そのためには肉や魚、野菜、炭水化物なども含めた種類の食品をバランス良く摂る事が重要なのです。
食生活を見直して腸内環境を整えていきましょう。
098fa609c9b0d5f568d2ffc212dd72cb_s

SSS 大内店 スタッフ

Writer

SSS 大内店 スタッフ

大内店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設