吉敷店

160615①

紫のおはなし

いよいよ日差しが強くなる季節がやってきましたね、そこで気になるのが紫外線!

しっかりと対策をして備えましょう

 

 

~紫外線について~

 

紫外線…地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギーの高い光を指します。UV…  聞いた事ありますよね? 紫外線は英語でウルトラバイオレット(UltraViolet)。

 

紫外線はUV‐A波、UV‐B波、UV‐C波の3種類に分けられ、そのうちのA、B波が地球に届いているそうです。

 

UV‐B波は、皮膚の表面に届き皮膚や眼に有害で、日焼け、皮膚がんの原因になるといわれています。

UV‐A波はUV‐B波ほど有害ではないといわれていますが、長時間浴びた場合は同じように細胞を傷つけるため、同様の健康被害の原因となるそうですよ。

窓ガラスや雲を通過し皮膚の奥深くまで届くので、しわやたるみなど「肌の老化」を引き起こす原因になると言われています。

 

[紫外線の基礎知識]

・曇った日は日焼けしにくい

・水の中では日焼けしにくい

・高原は涼しいので平地より日焼けしにくい

・家の中にいれば日焼けの心配はない

・日焼け止めクリームを塗っていれば、長い間日光を浴びていても良い

 

と、油断している方!注意です!

・薄い雲の場合、紫外線の80%以上が通過し、快晴時に比べるとUV‐B波は減少しますが、UV‐A波の量はほとんど変わりません

・水はわずかな紫外線しか防いでくれないのです

・身体で感じる「暑さ」は赤外線によるもので、紫外線量とは関係ありません

・家の中にいても、紫外線は窓ガラスを通過し部屋の中へ入ってきますよ

・日焼け止めクリームは紫外線予防効果を高めるものですが、汗をかいたりこすったりして知らないうちに取れていることが多い為、数時間おきに塗りなおしてください

 

 

~紫外線量の多い時期と時間~

160615①

紫外線が多い季節といえば「夏」というイメージがありますが、実はそれより前から注意が必要です。

日本では5月~9月頃にかけての紫外線量が特に多いといわれています。

6月はすでに真夏と同じくらいの紫外線対策が必要!!!

また、夏場における紫外線量が多い時間帯は、10時~14時の間で、一日の約60%の紫外線量を占めています。

 

~紫外線による影響を防ぐには~

・可能ならば、紫外線量の強い時間帯の外出を避ける

・出来るだけ日陰に入る

・日傘・帽子の使用

160615②

・袖や襟のついた衣服で肌を覆う

・サングラスの着用

160615③

・日焼け止めクリームを上手に使う

 

 

紫外線量が多くなるこれからの時期、健康の為にしっかりと対策をしてくださいね。

SSS 吉敷店 スタッフ

Writer

SSS 吉敷店 スタッフ

吉敷店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設