大内店

横

知って得する豆知識(トレーニング編④

皆さん、こんにちは

いつもSSSをご利用いただき、

誠にありがとうございます。

急に寒くなってきたので、体調管理に気をつけましょう!

さて今回は・・・ ダンベルプレス(大胸筋のトレーニング)です。

前

トレーニングが好きな男性はボリュームのある

大胸筋に憧れを抱きますよね? 私もそうです。

ですが・・・ ただ台に寝そべってダンベルを

上げ下げするのは 非常に勿体ないです!

では、解説していきます.

まずポイント① 肩甲骨です。

胸のトレーニングでも肩甲骨は大事です。

肩甲骨を 寄せて 下げて キープします。

そうすると、大胸筋の筋肉の付き始めと付き終わりが

近づくので力を発揮しやすくなります!

これをしないと、腕ばかり、発達していきます。

次にポイント②

ダンベルの位置、動きです。

肩甲骨を寄せて下げた状態にすると 肩より

肘が下になります。 これがダンベルの位置です。

そこからダンベルを、弧を描くように動かして

みぞおちに向かって降ろします。

胸のトップではなく、みぞおちです。

そうしないと、肩甲骨の寄せて下げる

が崩れるからです。

ポイント③

踵の位置です。

踵は出来る限り、頭に近い位置にしましょう。

そうすると太ももの前と連動して 回数を多く、

重量をより扱いやすくなります。

以上三つになります。 興味がある方は是非試してみて下さい!

かなり変わる可能性があります!

参考までに、お願いします。

他にも・・・ もっと回数をこなしたい!

もっと重量を扱いたい!

大胸筋がなかなか発達しない。

右と左力が入りやすい入りにくいがあるけど

どうしたらいい?

などなど、悩んでいる方いると思います。

またの機会にお話ししますね!

かっこいい大胸筋を手に入れましょうね!

SSS 大内店 スタッフ

Writer

SSS 大内店 スタッフ

大内店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設