宇部店

2f3f8bb64e98258c81f7ef04dff6eec5_s

牡蠣 効能

こんにちは

アドバンストレーナーの松原です。

 

『海のミルク』ともいわれ、栄養豊富な食品として知られている牡蠣。

実際にはどんな栄養、どんな効能があるのでしょうか。

主なところでは、

○肝臓機能が強化される ○造血作用がある

○免疫力が強化される ○精神安定効果がある

fe1419f3ef34c3e91b894cac25a84da1_s

牡蠣には人間の身体に欠かせない大事な栄養素が多く含まれています。

亜鉛、鉄分、マグネシウム、銅、カルシウムなどのミネラルやビタミンB群や

Eを多く上に、旨み成分であるタウリン、グリシン、アラニンなどのアミノ酸も

豊富に入っています。身だけではなく、中国では牡蠣の殻は漢方として

使われるなど、大変優秀な食材なのです。

 

◆重要なミネラル 亜鉛◆

亜鉛は体内の200種類以上の、酵素の合成に必須のミネラルです。亜鉛が不足すると、

肌荒れ、脱毛、傷の治りが悪い、子供の発育不良、免疫力の低下、

味覚・嗅覚異常など、深刻な症状が現れます。

成人の1日に必要な量は男性で10~12㎎、女性で9~10㎎と言われていますが、

牡蠣1個で約12~14㎎含まれており、1日に必要な摂取量を充分満たしています。

亜鉛は2g以上摂ると、急性中毒を起こす可能性がありますが、食品から摂る場合は

それほど食べすぎる事もないので問題ありません。濃縮した亜鉛食品、

サプリメントなどによる過剰摂取には注意が必要です。

 7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s

◆肝臓の負担を減らす タウリン◆

多雨林は脳神経や肝臓、心臓など人体の極めて重要な部分に集中して分布しており、

肝臓内でのアルコール分解を助けたり、胆汁酸の分泌を促しコレステロールの

上昇を抑え、肝臓内の中世脂肪を減らしたりする作用があります。

眼の疲れ、視力の衰えを回復する効果もあると言われています。

また小児の視神経の発達に必要な栄養素としても知られています。

 

◆旨みの秘密 グリコーゲン◆

牡蠣にはグリコーゲンが豊富に含まれています。牡蠣の糖質のほどんどは

グリコーゲンです。グリコーゲンもまたタウリン同様、肝臓の働きを強化する効果が

あります。グリコーゲンは体内のエネルギーが不足した時に、糖質に変化して、

血液中の糖度調節に使われる為、疲労回復の為に必要な栄養素です。

 

◆カルシウム◆

牡蠣にはカルシウムも豊富に含まれています。カルシウムが不足すると精神の

安定性が失われるので、イライラの原因にもなります。牡蠣に含まれるカルシウムは

良質でストレス緩和に役立つと言われています。

また牡蠣に多く含まれているマグネシウムが、カルシウムの働きを調整する為、

さらに高い効果が期待出来ます。

 2776f1a17baf11ef39616cf935c138f7_s

牡蠣を摂取する事で、これだけの良い効果があるようです!

積極的に食べたい食品ですね。 

 

 

SSS 宇部店 スタッフ

Writer

SSS 宇部店 スタッフ

宇部店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設