吉敷店

0f50e86e0459c7053c78c5a96963fe40_s

熱中症のお話し

皆さんこんにちは!

暑い日が続きますね…(-_-;)

夏本番という事で、今日は熱中症のお話し。

毎年、熱中症が原因で病院に運ばれる人がいると、よくニュースで見ますね。

調べてみると本当に怖い熱中症( ;∀;)

皆さんにご紹介したいと思います。

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

(1)熱中症とは

人の体は常に熱を作り出す一方で、汗をかく、皮膚から熱を逃がすなどして体温を調整しています。気温が高い事などで、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温調整機能が正常に動作しなくなることがあります。体温が上手く調整されず、体内に熱がこもり、体温が異常に上昇する事で熱中症になります。

重症化すると死に繋がる事もありますが、正しい知識と行動で未然に防ぐ事もできますし、最悪の事態を回避する事もできます。

 

(2)症状

①1度(熱失神、熱痙攣)

熱中症になると、皮膚血管が拡張する事によって、血圧が低下します。脳の血流が少なくなる事によって、「めまい」「立ちくらみ」「失神する」という症状を起こします。脈が速くて弱くなり、「顔色が真っ青になる」「呼吸回数が増加する」「くちびるのしびれ」などもみられます。

また、「筋肉痛」「手足がつる」「こむら返り」「筋肉の痙攣」という症状を起こす事もあります。

 

②2度(熱疲労)

大量に汗をかく事によって、水分と電解質が失われ、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり、「めまい」「頭痛」「吐き気」「嘔吐」「倦怠感」「虚脱感」という症状を起こします。その他にも、下痢や寒気、集中力や判断力の低下という症状が現れます。

 

③3度(熱射病)

熱射病は、高温多湿の環境で運動をすることなどによって体温が上昇し、体温が高くなる(40℃以上)ことで、脳の体温調整を行う機能に異常が起こり、体温調節ができなくなった状態です。「意識障害(呼びかけに反応しない)」「痙攣」「手足の運動障害(真っ直ぐ歩けない)」などの症状を引き起こします。

 

(3)応急処置

①涼しい場所で安静にする。

建物が近くにない場合には日陰で休ませましょう。建物が近くにあればエアコンの効いた部屋で休ませましょう。

②首筋、脇の下、足の付け根などを冷やす。

脈拍のとれる位置は血管が皮膚に近いため、そこを冷やすと、冷却された血液が全身を巡ることで、クールダウンします。

③意識があり、嘔吐がなければ水分補給。

水分だけでなく塩分などの電解質も失われていると考えられますので、できれば経口補水液を利用しましょう。

7d76a53ad52513812b10d37337278711_s

(4)予防

熱中症を予防するには、喉の渇きを感じる前にこまめに水分補給する事が大事です。多くの人は、喉が渇いてから水分補給したら良いと考えがちです。しかし、喉が渇いている時には既にからだから水分が失われている場合もあるようです。特に高齢の方は、加齢によって自分の体の異変に気付きにくくなっています。喉の渇きを感じる前に水分の摂取をする事が何よりも大切です。

 

 

いかがでしたか?熱中症にも色々な症状があります。「自分は大丈夫と思わない」事が大事だと私は思いました。これから暑い日が続きますので皆さんも気をつけて下さいね(^^)/

SSS 吉敷店 スタッフ

Writer

SSS 吉敷店 スタッフ

吉敷店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設