吉敷店

160629①

準備のおはなし

この時期、夏の目標に向かって日々トレーニングで汗をかかれている事と思います。

トレーニングで怖いのは、ケガをしてしまう事やオーバーワークになってしまう事。

そこで、思わぬケガや等にならないように、以下の事をご紹介させていただきます!(^^)!

 

  • いきなり運動を始めない!

特に朝方や寝起きなどは、筋肉はガチガチの状態になっています。

ガチガチの柔軟性のない状態で、運動をするとケガをする確率が非常に高くなりますよ。

また、体が完全に目覚めていないうちに運動を行うと、心血管系に負担をかける恐れがあるので、運動は朝食の30分~1時間後または午後に行う方が安全です。水分も十分に補給してから始めましょう。体調チェックの為に血圧を測ってからトレーニングを始めるのがお勧めです。

 160629②

  • 軽い運動から始める。

急に重いウエイトで始めるのは避けましょう。

ブランク明けにこのようなトレーニングを突然始めるとどうなるでしょうか?

もちろん、次の日の朝から筋肉痛に襲われますし、重症の場合は日常生活に支障が出ます。もっと重症なら病院へ直行という事もありますよ。

あと重すぎるウエイトを使用したとき以外にもセット数を多くやりすぎた場合にも起こりえますので気をつけましょう。

もちろん、運動前後のストレッチをして頂くことも重要です。

ケガの予防にもなりますし運動効率も上がり、基礎代謝向上にも役立ちます。

160629③

  • 毎日やらない!

筋肉は休めることも大切です。運動と栄養と休養をバランスよくとる事が重要です。

上半身と下半身を交互に行うなどして週2~3回を目安に行いましょう。

筋肉は一度損傷すると回復するのに時間がかかります。

しかも筋肉は元の状態よりも強く太く回復しようとします。これを超回復といいます。

relaxation-02

  • ストレッチ

血圧などの体調チェックはもちろん、ストレッチも重要な項目です。

ストレッチは筋肉を解きほぐしリラックスさせる効果がありますので、ケガを予防し、肩こり腰痛予防にもなります。運動前に行う事により運動でのエネルギー消費を助け基礎代謝のアップにもつながりますよ。

ストレッチで筋肉をほぐすとともに刺激を与えて筋肉に【トレーニングをするよ!】という事を筋肉に教えてあげましょう。勢いや反動を使った急激な動作はケガの危険があるので、あまり力を入れずに【伸ばす】感じで行いましょう。ストレッチはトレーニング後にも行うと疲労の軽減にもつながります。

 

  • ウォームアップ

トレーニングを行う前には必ずウォームアップをしましょう。

ウォームアップ=体温(筋温)を上げて運動の準備をすることです。

体が温まると関節や筋肉の柔軟性が増します。結果としてケガをする可能性が減り、強い筋力を発揮できるようになります。トレーニングの最初には、ストレッチや骨盤エクササイズを行ってから運動に入って下さいね。

 

SSS 吉敷店 スタッフ

Writer

SSS 吉敷店 スタッフ

吉敷店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設