宇部店

43207fb58011837f1d9ef3f399b1c75e_s

朝食について

こんにちは(*^_^*)

最近朝が苦手で起きられない・・・

朝食をとる時間がない!!!!

という方、いらっしゃいませんか?

朝食は体に良いというのはよく聞くと思いますが

詳しく調べてみました(^v^)

 43207fb58011837f1d9ef3f399b1c75e_s

①朝食が体内時計を調節してくれる

人間の身体は25時間周期で睡眠と覚醒が繰り返されています。しかし1日は24時間なので、ズレが生じます。 この時「朝日を浴びる事」で調整できる細胞と「食べる事」で調整できる細胞があります。この2つの動作を組み合わせる事で、身体は一日を始める準備、活動的に動く準備を始めるのです。 朝食をとる事で腸が活発に働くようになるので、便秘でお悩みの方などはぜひ、体内時計の調整を意識してみてはいかかでしょうか?

②  朝はエネルギーを消費しやすく、夜は消費しにくいので太りにくい

同じ食事内容でも食べる時間によって消費できるエネルギー量が変わります。 朝は身体を目覚めさせるためにエネルギーをたくさん消費するので、しっかりと食べても安心です。 また、朝ごはんを食べると身体が代謝しやすくなります。そのため1日のエネルギー消費量が多くなり、朝ごはんを食べなかった時より空腹を感じる事が増えるはずです。それはしっかりと食べたものを燃やせている証拠なのです。 反対に、夜になると身体は休む準備を始めるため、エネルギーは消費されず脂肪になりやすいのです。

こんな効果があったんですね~♪

最後に注意点!!

☆起きてから2時間以内に朝ごはんを

健康な人でも朝ごはんを食べないと、頭がボーっとなることはありませんか? この時、体内では脳や身体に必要な糖が届かず、低血糖状態になっています。

起きてから2時間以上経ってもごはんを食べない状態でいると、身体を動かすために筋肉を取り崩して脳に糖を送りはじめます。 こうして筋肉が取り崩されてしまうと、体力や基礎代謝量が落ちてしまいます。せっかく食事制限をしても、エネルギーを消費するための筋肉がないとむしろ太ってしまう可能性が増えるので注意しましょうね!

 

Writer

SSS 岩国店 スタッフ

宇部店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設