岩国店

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s

日焼け対策をしよう!

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s

紫外線は、一年を通して降り注いでいますが

春先から徐々に増え始め、5月から9月までは特に多く

降り注いでいます。

紫外線は肌の老化(しみ・しわ等)、皮膚がん等の

悪影響を及ぼします。

5月はまだ、真夏ほど日差しが強烈ではないので

なかなか自覚しにくいですが、知らず知らずのうちに

紫外線ダメージが肌に蓄積しているので注意が必要です。

 

 

・メラニンが肌を守る!

 

メラニンはしみのもとになるというイメージが強いので

肌にとって悪いものと考えられがちですが、

実は肌を紫外線から守る大切な働きをしてくれます。

もしメラニン色素がなければ、紫外線により

皮膚細胞内の遺伝子が異変を起こし、

皮膚がんを引き起こしてしまいます。

fe0febfcb497510c135a65903134d17e_s

日焼けのダメージを受けやすいのは

色白で、紫外線を浴びると黒くならずに赤くなり

日焼け後に痛くなりやすい人です。

メラニン色素を作りだす力が弱い為

皮膚がんにもなりやすいと言われています。

 

逆に、色黒で紫外線を浴びると赤くならず黒くなり

日焼け後に痛みを感じない人は、メラニン色素を

作り出す力が強い為、トラブルが起きにくいと

言われています。

 

因みに、日本人はこの2つのタイプの中間の人が多く

しみが出来やすいので、紫外線対策が必要です。

 

 

・日焼け対策

2d1ba1ef908ee7e7252c42b3bb5fa108_s

  • 日焼け止めを塗る 照り返し等でも紫外線を浴びるので、

日陰にいる時でも油断は禁物!

こまめに日焼け止めを塗りなおしましょう。

 

  • 日焼け対策グッズを利用する 日傘・帽子・サングラス・長袖の服等を使いましょう。 目から紫外線が入ることでも日焼けをするので サングラスの活用も効果的です。

 

  • 紫外線の強い時間帯を避ける 1日のうち紫外線が強いのは10時~14時の間です。

この間に1日の紫外線量の半分が降り注いでいます。 また、雨の日や曇りの日でも紫外線があるので 油断せずしっかり対策をしましょう。

 

 

もし日焼けをしてしまった場合は

日焼けした部分を冷やし、しっかり保湿する事が大切!

紫外線で肌がダメージを受けて刺激を受けやすい状態なので

ゴシゴシ擦らず、優しく洗いましょう。

 

今の時期から紫外線対策をしっかりしていきましょうね!

SSS 岩国店 スタッフ

Writer

SSS 岩国店 スタッフ

岩国店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設