岩国店

vegetable

意外と知らないミネラルのお話

sapiri

 

ミネラル(無機質)には、カルシウム、鉄、ナトリウム等があります。

必要な量は少ないのですが、人の体の中では作ることが

出来ないので、食べ物からとる必要があります。

ミネラルは、骨などの体の組織を構成したり

体の調子を整えたりする働きがあります。

 

地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を

除いたものをミネラルと言います。

およそ100種類ある元素の中で厚生労働省が

摂取基準を定めているものは、

ナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム

カルシウム、クロム、マンガン、鉄、銅、亜鉛

セレン、モリブデン、ヨウ素の13種類です。

 

しかしミネラルの摂取が少なくても多くても

健康に良くありません。

特に不足しやすいものは、マグネシウム、カリウム

カルシウム、鉄、亜鉛で

過剰摂取しやすいものはナトリウムです。

これらのミネラルを含む商品と働き、欠乏症状

過剰症状は下記の通りです。

 broken

不足しやすいミネラル

 

  • マグネシウム→大豆製品、玄米、ごま、海藻類等

 骨や歯を形成し、筋肉や神経などの働きにも関係する

 欠乏症状 心臓の血管障害や、神経障害等の原因になる

 

 

  • カリウム→アボカド、バナナ、さつまいも等

 ナトリウムを排出して体液の量を調整、筋肉を収縮させる

 (過剰摂取しやすいナトリウムを排出させる重要なミネラル)

 欠乏症状 疲労感・倦怠感、吐き気や筋力低下

 

  • カルシウム→乳製品、小魚、大豆製品等

 丈夫な骨や歯を形成し、筋肉や神経の働きにも関係する

 欠乏症状 骨粗しょう症や骨軟化症、骨折を起こしやすくなる

 

  • 鉄→牛・豚・鶏のレバー、鮪、鰹、ホウレン草、ひじきなど

赤血球の成分となり、血液として流れて全身に酸素を供給する

欠乏症状 貧血を起こしやすくなる 

 

  • 亜鉛→牡蠣、牛肉、ごま、大豆製品、煮干、スルメ等

 たんぱく質やDNAの生成に関わり、新陳代謝や成長を促す

 欠乏症状 味覚異常や成長障害を引き起こし、免疫力が低下する

 

 

過剰摂取しやすいミネラル

 

  • ナトリウム→食塩・醤油、干物・佃煮、ハムやベーコン等の加工食品

 体液の量を調節し、筋肉を弛緩させる

 過剰症状 高血圧や動脈硬化等、血管障害を起こす

 

vegetable

ミネラルは体の中では合成されず、また体内に貯蔵できないものも

多いので、毎日の食事から摂取することを心掛けましょう!

SSS 岩国店 スタッフ

Writer

SSS 岩国店 スタッフ

岩国店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設