吉敷店

yoshiki1601081

冬こそ水分補給を…

今年はいつもより暖かい冬と言われていますが

はやり、朝晩は冷えますね。

 

夏であれば、暑いので喉も乾き「水分補給」をする回数も増えますが

気温が低いと、喉も乾かず水分を摂取する量も減ってきます。

冬は水分補給を忘れてしまう事もありませんか?

 

ですが、冬は乾燥するのです。

つまり、体の水分はどんどん奪われている状態なのです。

yoshiki1601081

秋から冬にかけてジムエリアではトレーニング中に

水分補給をされてない方を見かけます。

理由は・・・“喉が渇いていないから。”

yoshiki1601132

 

水分は目に見えなくても、体から蒸発しています。

喉が渇いていないと思っても、水分は徐々に奪われていると思ってください。

 

体から水分が失われていくと…

  • 冬でも脱水症状の恐れが…
  • 喉の粘膜も乾燥しはじめ、インフルエンザや風邪のウイルスが侵入しやすくなるリスクが高まります。

 

さらに水分を失い脱水が進むと…

  • 血液中の水分までもが減り、血液がドロドロになり血圧が高くなる危険性が高まります。
  • 血圧が高くなると心筋梗塞のリスクも高まります。

冬に循環器疾患になる方が増える原因の一つコレがです・・・。

 

冬の水分補給の大切さ・・・わかって頂けましたか?

それではトレーニング中の正しい水分補給の仕方を確認しましょう!

yoshiki1601083

~ポイントは水分を飲むタイミングと量~

  • 運動30分前にコップ一杯程度を何回かにわけて飲みましょう。
  • 運動中は20分~30分に一回は、一口程度(200ml)飲みましょう。
  • 運動が終わった後も減った体重分を補えるよう、何回かにわけて飲んでください。

もちろん!水泳など水中のトレーニングでも汗をかきます。

プールにも水分は持参し、こまめに水分補給をしてくださいね。

 

※でも…飲み物の糖分濃度には気を付けましょう。

 

SSS 吉敷店 スタッフ

Writer

SSS 吉敷店 スタッフ

吉敷店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設