宇部店

40f5e3c8753368560fb9b35b6ad2d1de_s

免疫を高めましょう

免疫力が低下すると風邪をひきやすくなる、太りやすくなる、アレルギーを起こしやすくなります。特にインフルエンザやノロウイルスなど免疫力が低下していると症状が悪化しやすくなります。

不規則な生活や食生活、ストレスなど、現代では免疫力を低下させている原因が多くあります。

免疫力を低下させず風邪に強い体になるには、どうすればよいのでしょうか?

 976b565af079f034bc5da5dcba89ad00_s

それは、免疫力を高めることが大切です。

免疫力が低下すると風邪をひきやすくなったり、慢性気管支炎や肺気腫などの持病を持っていると、症状が悪化したり、糖尿病や心臓病などが悪化したりすることも。特にお年寄りや子どもは注意が必要です。

風邪をひいても薬があるから大丈夫、と思っている人も多いでしょうが、風邪薬はウイルスを死滅させるものではなく、症状を緩和させたり、抑えたりするものになります。

ウイルスを死滅させるのは、人間の体に備わっている免疫力です。免疫力は外部のウイルスや細菌を退治し、体の健康を保つ働きをするもの。人間の体は約60兆個の細胞からできているとされ、その細胞は「自分のもの」という認識があります。 そこに自分のものではない異物が体内に侵入してくるとそれを排除しようとします。それが免疫力です。

 

では、免疫力を上げるにはどうすれば良いのか・・

 

☆免疫力と体温には密接な関係がある。低体温を改善して免疫力アップする

体温が1度下がると免疫力は3割低下し、1度上がると5~6倍高まると言われています。近年では平熱が35度台の低体温の人が増えていると言われ、免疫力が低下している人も多いのです。 免疫力を高めるには、低体温を改善することが必要です。

体を温めるとヒートショックプロテインというタンパク質が増えると言われています。このタンパク質はウイルスを攻撃する白血球に作用し、免疫力を高めてくれるのです。

対策としては冷たい食べ物や飲み物をできるだけ摂らないことや、運動をして血流をよくし、体を温めるようにしましょう。

 

☆免疫力アップの近道は腸内環境を整えること

免疫細胞の6~7割は腸に存在しています。そのため、腸内環境を整えることが、免疫力アップの近道となるでしょう。 腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やすこと。そのためには、腸内細菌であるビフィズス菌や乳酸菌を増やすヨーグルトを食べましょう。

体が冷える冬は風邪も流行しやすく、免疫力も低下しやすくなります。免疫を低下させないためにも、体を冷やさない、運動をする、ストレスを溜めないなどに注意し免疫力を高め、風邪をひかない体づくりをしましょう。

Writer

SSS 宇部店 スタッフ

宇部店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設