大内店

d318e182321518a776873b5b4ddfafb9_s

体温の話

十月も終わりに近づき、だんだんと肌寒くなってきました。
温かい飲み物や食べ物が食べたくなる季節、運動をすると体がぽかぽかとしてくるのも感じられる季節ですね。
人間は夏の暑さや冬の寒さに適応し体温を調節する能力をもっています。
無意識のうちに体で起こっているそれはいったい、どのような仕組みをしているのでしょうか。
3a4131f74a498cb93a33e943a53b317a_s

「体温」
体温には個人差があり、行動様式や年齢、個人の状態によっても変わってきます。
身体の部位によって温度は異なってきます。
「体温」というと、一般的には外部の温度ではなく内部の温度のことを指します。
これを「深部体温」といいます。「深部体温」には体腔温(食道内、直腸内、膀胱内、鼓膜温度)や肺動脈内血液温が含まれます。
これに対して、「表在体温」は筋肉や皮膚の温度のことをいい、これらの組織は熱の産生量が少なく、放熱が起こりやすいのです。
このことから、「深部体温」は「表在体温」より温度が高いといえます。

4874aeb73ad31e0ce1fbc473b77e8160_s
人間は恒温動物で、外気温が変化しても体内は常にある一定の温度になるよう、体熱の生産と放散を繰り返して調節を行っています。
体熱を生産するには、安静時のエネルギー代謝や筋肉運動による活動代謝などの方法があります。
また、体熱を放散させるためには放射・空気への伝導と対流・蒸発等の方法があります。

035a06be4f71486d9cf2ddb7e295627b_s
「放射」とは、熱が赤外線あるいは電磁波の形になって移動する現象のことをいいます。
例えば、室内の壁の温度が低くなると、人の体温が赤外線の形で壁に向かって逃げていくことをいいます。
「空気への伝導と対流」
伝導というのは、熱が皮膚の表面などに接する空気を伝わって外界へ放散する現象をいいます。伝導・対流によって放熱が起こるのは、外気温が皮膚温より低い場合になります。風があったり、身体を動かしたりすると、伝導と対流によって放熱量が大きくなるのです。
「蒸発」
これは水分がその表面で気化する現象をいいます。水分が蒸発すると、気化潜熱が奪われ、熱の放散が行われる。蒸発は不感蒸泄と発汗によって行われます。
77c7a0ea0c31a536095519a781cf21b5_s
体のさまざまな機能を保つためにも重要な役割を果たしている、体温。
食べたり、運動したり、小さな工夫で温かく過ごしてみてくださいね。

SSS 大内店 スタッフ

Writer

SSS 大内店 スタッフ

大内店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設