大内店

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_s

上手な髪の乾かし方でアナタもサラツヤヘアーになろう!

ドライヤーで髪を乾かすと傷んでしまう…


そんな風に思われている方って少なくないと思います。

でも、実は自然乾燥よりも、ドライヤーでさっと乾かしてしまった方が痛まないって知ってましたか?

5fb5515e78953c09abb8bc263279f579_s

今回は、髪をキレイに保つ上手な乾かし方を紹介します!


◆手順 その①
まずは最初に、しっかりタオルで水気をとりましょう。
髪の毛を濡れた状態で、いきなりドライヤーをかけるのはオススメしません…

かといって、ゴシゴシ髪をこすったりせず、頭皮を拭きとる感じです。
髪が長い方は、さらに毛先の部分を抑えたり、タオルで挟んでポンポンと叩く感じで、水分を取ります。


◆手順 その②

タオルドライが終わったら、次はドライヤーをかけていきましょう!
あまり近くでかけてしまうと熱いので、20㎝くらいは離してかけるといいでしょう。

まずは、髪の根元から乾かします。
毛先から当てても、頭皮が濡れていると、水が滴り落ちて結局毛先はまた濡れてしまいますからね!

7e6b0ce4afe8048572f6ce3a8810e0a7_s

根元がある程度乾いてきた頃には、毛先もだいぶ渇いてきているはずです。
髪の中で毛先が一番傷んでいるので、毛先にあまり熱を当てすぎないように気をつけましょう。


頭皮や根元がしっかり渇いていないと跳ねや臭いの要因になりますので、注意しましょうね!

さらにしっかり乾かしておかないと、眠った時に枕や布団やマットレスなどと髪の毛の摩擦が増えてしまいますから、髪が痛む原因にもなりますよ。


◆手順 その③
仕上げに取り掛かりましょう!
ドライヤーの熱風である程度かわいたら、最後は冷風に切り替えて仕上げをしていきましょう。

冷風をかけることで髪が引き締まり、ツヤが生まれます。
ここでブラシなどを使って毛先を整えていくと、まとまりのあるセットができあがりますよ!

7b8ecd1ed3883ac2ebf733f16521996d_s

暑い時期には、ドライヤーをかけたくないと思う方もいらっしゃるかと思いますが、濡れている時間が長ければ長いほど、
髪の中の栄養分が流れ出てしまい、髪が乾燥する原因にもなります。

洗髪後、ドライヤーでさっと乾かしておく方が、トリートメントの栄養分を髪の中に収めておくことが可能になるのです。

あとは乾かす前に、流さないタイプのトリートメントなどを使うと表面にさらにツヤが出て、手触りも良くなりますよ!


せっかくトリートメントをしているのに…なんでだろう?

なんて思う方は、もしかしたら洗髪時のトリートメントの流し過ぎ…や、ドライヤーの熱を当てすぎ…
なんてことがあるかもしれませんね。

ドライヤーをうまく使って、アナタもサラツヤヘアーを手に入れましょう!

SSS 大内店 スタッフ

Writer

SSS 大内店 スタッフ

大内店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設