吉敷店

_MG_0671

レジスタンストレーニング

「レジスタンス運動」という言葉を聞いたことがありますか。

160511①

スペルは「resistance trainning」です。

なんだか難しそうな響きをしていますが、これは皆さんもよく知っている「あれ」を指す言葉なのです。

ひとつヒントを上げると、「レジスタンス(resistance)」は「抵抗、妨害、反抗」という意味を持っています。そうするような、トレーニングということになりますね。

答えはわかりましたか?

 

正解は「筋トレ」です。

160511②

筋力や筋持久力・筋量の増大を目的として、筋肉に負荷抵抗を与えて行う運動のことを指します。以前はアスリートが行うイメージの強かった「レジスタンストレーニング」ですが、近年では対象者の幅が広がり、高齢者や運動療法者をはじめとする多くの人が行っています。

その目的は転倒・寝たきり予防や生活習慣病・メタボリックシンドロームの予防改善、心臓リハビリテーション、フィットネスなどさまざま。負荷をかける方法も多岐にわたり、例えば道具を使って行うような方法(ゴムチューブ、ダンベル、マシン等)や自分の体重(自重負荷)を使って行うもの、パートナーと一緒に行う方法などがあります。

160511③

レジスタンストレーニングに期待される一般的な効果としては、

・傷害の予防やリハビリ効果

・筋バランスを高める

・筋力・筋持久力、結合組織の強化

・安静時の基礎代謝量の増加

 

160511④

また「レジスタンストレーニング」は、目的に応じた負荷強度、反復回数の設定、トレーニング頻度がとても重要なファクターとなっています。

つまり、トレーニングの内容や筋肉の種類によって推奨される負荷頻度も変わってくるのです。

自分の目的に合った設定になっていますか?

Writer

SSS 吉敷店 スタッフ

吉敷店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設