吉敷店

107b813a0556c5483a9604dfae3b8f21_s

トレーニング前の食事のおはなし

運動する前に食事をとっていますか?
また、どんな内容の食事をしていますか?

物を食べると胃などの消化器官で消化が始まりますが、その際に、多くの血液は消化器官に集まって消化活動を行います。
そのタイミングで運動をしてしまうと、運動に使う筋肉にも血液が必要となるため、消化器官で働いていた血液は筋肉に集まります。その結果、消化活動が不十分になり消化不良を起こしてしまいます。運動中に脇腹が痛くなる原因の1つがコレです。

逆に、空腹のままで運動をすると、低血糖を起こし、運動パフォーマンスの低下、めまいやふらつきなどを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

では、どうすれば良いかというと、運動前の時間によって食べる内容を変えることが大切です。


運動開始10分前
運動の直前は、液体ドリンクやゼリーのような消化・吸収性の高いもの。
同じ液体ドリンクでも、ミネラルウォーターよりスポーツドリンクの方が吸収率が高いのでおすすめ。

運動開始30分前
栄養価が高く、消化吸収のよい果物、ジュースなど。
例)果汁100%ジュース、野菜ジュース、バナナ、りんごなど

運動開始30分~1時間前
油分を使用していない糖質を主体に腹3~4分目を目安。
例)具なしおにぎり1つ、カロリーメイトなどの栄養補助食品、ゼリーなど

運動開始1~2時間前
比較的消化・吸収の早い糖質主体の軽食。腹5~8分目を目安。
例)具入りおにぎり、うどん、そば、サンドウィッチなど
※油分や脂肪分が多く消化の悪い食べ物は避けましょう。


5e4f6841fd7107c9edc5077011969e49_s

運動をする際は、筋肉を使うためエネルギーが必要となります。運動開始の時間に合わせて食べる内容を工夫するようにしましょう。また、運動前に糖質を摂り、運動後は筋肉の修復のために、肉や魚、豆腐、納豆、プロテインなどのタンパク質を摂ることをおすすめします。

Writer

SSS 吉敷店 スタッフ

吉敷店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設