岩国店

8bbe0e4718ee2195743ae0aee306569b_s

クールダウンについて

8bbe0e4718ee2195743ae0aee306569b_s

トレーニングの前のウォームアップと全く逆の目的で行うのが、

クールダウンという運動です。激しい運動の後は整理体操やストレッチなどを

行うように指導された経験があると思いますが、これらもクールダウンの一種です。

トレーニング後のクールダウンの方法と、効果について説明します。

 

「クールダウンの方法」

クールダウンを一言で、激しい運動によって戦闘モードになった体を通常モードに

徐々に戻して行くための作業をいいます。ウォームアップの場合は体を少しずつ

温め、心拍数を少しずつ上げて動きを増やしていくわけですが、クールダウン

場合は逆に火照った体を少しずつ冷やし、心拍数を下げて動きを減らして行くことに

なります。だからクールダウンに適しているのはウォームアップと同様に、

軽いランニングやウォーキング、自転車こぎなどの有酸素運動や、

ストレッチなど「本格的なトレーニングと日常生活の間」というような運動に

なります。

ただし、あまり長時間行うと体が疲労してしまうので、クールダウン

かける時間は10分~15分程で大丈夫です。

4e89a71742e806db1d54eeb4048fc299_s

「クールダウンの効果」

筋力トレーニングの場合は、軽い負荷で各筋トレ種目と同じ動作を行うことも

クールダウンとしての効果があります。

 

・疲労物質を取り除く

激しい運動を行うと、人間の体内には乳酸という疲労物質がたまってきます。

逆にクールダウンのための運動を行って適度に血液を循環させる事で、疲労物質を

スムーズに代謝させ、疲労の回復を早める事ができます。

 

・身体の組織を同調させながらスローダウンさせる

激しい運動を急激に止めようとする事は、猛スピードで走っている車を

急停車させようとすることに似ています。

これと同様に人間の筋肉や神経・肺・心臓などの色々な組織は、

全体を急停止させようとしてもどこかに負担がかかってしまうのです。

例えば心臓は筋肉と協力して血液を体に循環させていますが、

猛スピードで血液を送り出している時に筋肉だけが急停止すれば、

体内の血液循環のバランスは大きく崩れてしまう可能性があります。

 

1ab99a9307e4a8fb814f4d42429e568f_s

ウォームアップの時と同じように、体の組織に足並みをそろえて準備をさせるには、

クールダウンも行い、ゆっくりと運動の強度を下げていくのが理想的な方法です。

 

 

Writer

SSS 岩国店 スタッフ

岩国店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設