大内店

もち

ぼたもちとおはぎの違い

この時期にスーパーなどでよく目につく、

「ぼたもち」と「おはぎ」。

ふと…、なんで同じ感じのものなのに呼び名が違うの?

なんて思ったことありませんか?

今回は、その「ぼたもち」と「おはぎ」の違いに

ついて紹介したいと思います!

まずは、なぜ今の時期に「おはぎ」や「ぼたもち」を

目にするのか? それは、今がお彼岸だからです。

そもそも、お彼岸とは年に2回あり、

春分の日(3/21頃)を中日として、

前後の3日間を合わせた7日間を春彼岸。

秋分の日(9/23頃)を中日として、

その前後の3日を合わせた7日間を秋彼岸といいます。

ひがんばな

その春にも秋にもあるお彼岸のお供え物の定番が、

「ぼたもち」や「おはぎ」が定着したのには、

古くからの日本の風習にも通ずるものがあります。

おもちは五穀豊穣、小豆は魔よけの効果があると

言われていたこともあり、日本の行事に欠かせないもの

となっていました。

昔は今と違い、甘いものが貴重だったので、

「ぼたもち」や「おはぎ」は当時はご馳走で、

大切なお客様やお祝い、寄り合いなどで振舞われたり、

法要の際にも必ずお供えしてありました。

お彼岸に馴染みがあるのもそのためですね。

基本的には、作り方や材料などは同じものです。

もち米とうるち米を混ぜて炊き、

適度につぶして丸めたものを小豆あんで包んだ和菓子。

通称は「ぼたもち」で、季節によって呼び名が

違ったりするのは、春に咲く牡丹をイメージして作られたのが

「ぼたもち」。秋に咲く萩をイメージして作られたのが

「おはぎ」なんです。

なので、形も「ぼたもち」は大きくて丸く、

「おはぎ」は小ぶりで俵型に作られていました。

もち

あと違いといえば…あんこです。

小豆は秋に収穫されるので、採れたての使える

秋は皮ごと使った粒あんに、冬を越した春は、

硬くなった皮を取ってこしあんにして使っていたので、

「ぼたもち」はこしあん、「おはぎ」は粒あんに

なったとも言われています。

案子

今では年中どちらも手に入るので、

季節に応じたこだわりもあまりなくなっては

来ているでしょうが、昔はこのように区別していたわけですね。

あとは地方によってもいろいろ呼び名はあるようです。

このように、季節や地方によってもいろいろな呼び名や

形のある、日本の伝統の和菓子「ぼたもち」。

由来はなんだろう?なんて考えながらいただくのも

なんか風流があっていいですね!

SSS 大内店 スタッフ

Writer

SSS 大内店 スタッフ

大内店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設