宇部店

4fb0c1017332e80390e780525ce1d5cc_s

たんぱく質 摂取量

こんにちは。

アドバンストレーナーの松原です。

 

前回の記事に引き続き…

たんぱく質について、お話していきたいと思います。

身体作りには必要不可欠なたんぱく質。

大きく分けて、2種類あるのはご存知でしょうか?

 

~動物性たんぱく質~

肉や魚、卵や乳製品に含まれており、アミノ酸スコアが高い食品。

(必須アミノ酸をバランス良く取れる食品)

血液や肉などを作るのに、利用されやすい特徴があります。

  8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_s 

~植物性たんぱく質~

大豆などの豆類や、豆腐屋おから、納豆などの豆製品に多く含まれている。

動物性たんぱくを多く摂れる肉類と比べて、

余分なカロリーや脂質を抑えて、たんぱく質を摂取出来ます。

c8ec0b01db118d38ec7e3c231a25e032_s

◆ダイエットとたんぱく質◆

ダイエット中もたんぱく質を摂る必要があります。

ダイエット中は肉や魚などを控える人が多く、たんぱく質が不足しがちに…

筋肉はたんぱく質から出来ているので、不足すると筋肉量が減少してしまいます。

筋肉量が不足すると基礎代謝が低下し、太りやすい体質になりがち。

ダイエット中は特に適切な、たんぱく質の摂取が必要になります。

 

◆1日に必要なたんぱく質の量◆

トレーニング内容、生活習慣によってバラバラではありますが、

目安として→体重×2gの摂取量をお勧めしています。

体重が60kgの人なら、1日で60g以上の摂取という事です。

 

◆たんぱく質が多く含まれる食品◆

たんぱく質を多く含むのは、一般には動物性の食品です。

100gに含まれるたんぱく質の量は、

肉類では鳥胸肉で約23g、魚類ではマグロの赤身で約28gになります。

植物性食品のうち、『畑の肉』とよばれる大豆は

ゆでたものでは約16gのたんぱく質を含んでいます。

6ed686fe375dc3c76b18b90d44eca4a1_s

◆実は身体に良い食生活◆

肉食中心の生活は肥満や生活習慣を招くという考え方から、

肉食は身体に良くないのでは…という思い込みがあります。

しかし、肉類はアミノ酸バランスの良い、

良質なたんぱく質を含む優れた食品なのです。

日本人男性の平均体重(約60kg)分のたんぱく質(60~70g)を摂るにあたり、

半分を動物性食品から、残り半分を乳製品や大豆製品から摂る事をお勧めします。

2776f1a17baf11ef39616cf935c138f7_s

また肉類を沢山摂ると、ストレスにも強くなります。

ストレスを抱えていると、体内の窒素量が減ってしまいます。

窒素を豊富に含むたんぱく質が、身体に良い効果を促してくれます。

 

食生活を見直していく事も、プラスの効果への近道ですね!!

SSS 宇部店 スタッフ

Writer

SSS 宇部店 スタッフ

宇部店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設