大内店

表紙

「こどもの日」

今日はこどもの日ですね!

こどもの日といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?

兜や鯉のぼりなどなど…いろいろありますね!

今回はこどもの日の定番料理、ちまきと柏餅の

意味や由来を見ていきましょう。

○ちまき

ちまき

ちまきを食べるのは、元々古事にまつわる中国の風習です。

災いや病気を除ける意味があり、

それが日本へ伝わってきたとされています。

本来、ちまきを結んでいた糸は赤・青・黄・白・黒の5色でした。

この色を見て何かピンときませんでしたか?

実はこの色の組み合わせ、鯉のぼりの吹き流しの

色に反映されていると言われているのです!

私も知らなかったので、こういうことを聞くと

また新しい発見で面白いですね!

○柏餅

桜餅

柏餅を包んでいるのは柏という植物の葉で、

柏は新しい芽が出て育つまで古い葉が

落ちることがないとされています。

それが「子どもが成長するまで親は死なない」

というのに結びつき“子孫繁栄”“跡継ぎが絶えない”という

縁起を担ぐようになったのです。

新芽を「子」に、古い葉を「親」に例えたとても

縁起の良い食べ物なのです!

意味を知ると、また物の見方が変わりますね!

是非、この縁起の良い2つを食べて子どもの日を過ごしましょう!

SSS 大内店 スタッフ

Writer

SSS 大内店 スタッフ

大内店記事一覧

SHOP LIST
目的別で店舗を探す

  • =フィットネス施設
  • =スイミング施設
  • =フットサル施設